So-net無料ブログ作成

『複勝に適した馬』の選定方法 [複勝理論]

今回は私の複勝理論を記載していこうと思います。

皆様に役立ち情報であれば幸いであり、また活かして貰えれると更に光栄でございます。


さて、1回目は『複勝に適した馬』をテーマとしましょう。


複勝に適した馬とは?


当然のことですが、レースに見合った実力を有している馬です。
この事は大前提でございます。


しかし実力を持った馬は数が多いですよね。
特に人気が分散した混戦レースでは尚更のことです。
つまり実力の尺度だけでは予想を絞ることが困難なのです。


ということで、今回お伝えする複勝に適した馬は、実力以外に選択すべき理由のある馬です。
全てのレース・馬に必ず存在するわけではないので、 選定には注意が必要です。


それでは複勝に適した馬の取捨選択をする際のチェックポイントを以下に示します。



1.陣営の本気度-1


重賞レースともなれば、どの陣営も勝ちたい、なるべく上位に食い込みたいと考えるのが当然です。
重賞レースは賞金が多いので、これまた当然のお話です。


しかし、中には重賞レースにもかかわらず、本気ではない陣営もいるのです。
つまりレースへ向けての仕上げが甘いということです。
しかもそれは人気馬《実力馬》に多い傾向があります。


どのようなレースに存在するのか?


確率論ではありますが、G1レースの前哨戦に出やすい傾向です。
そして該当馬に人気馬が多い理由も紐付きます。


では何故でしょうか?


単純に勝つことが必須ではないからです。


つまり前哨戦に勝つ or 3着以内に入らなくとも、後のG1に出走できるということです。
そのような馬の陣営にとって、最大の目標はもちろん後のG1レースにあります。


もちろん前哨戦も勝てれば良いですが、敢えて勝つためにビシバシ鍛え上げることはしないでしょう。
特に稼ぎ頭であれば、怪我をする可能性もあり、尚更その傾向があります。


反対に実力がそこそこ付いてきた上り馬は、G1前哨戦のような重賞レースでは狙い目になります。
やはりレース自体への意気込みが違うため、非常に好仕上げである可能性が高くなります。

このタイプは実力の見極めが大切ですが、そこは複勝の利点である3着以内で目的が達成できるため、強く気にする必要はないと思います。

【スポンサーリンク】





2.陣営の本気度-2


続いては別の視点で陣営の本気度を把握してみましょう。
競馬界には様々な馬がいます。
G1馬から未勝利馬まで、実力格差は激しいものです。


そんな中で注目すべきは、そこそこ実力がある馬です。
言い換えますと、G1では勝てないが、G2やG3では勝ち負けする馬です。


よく競馬を観ている方なら、気付いている方もいらっしゃると思います。
また裏を返せば、私(素人)が気付くものは、陣営はもちろん気付いてます。


要するに、陣営は陣営で勝てるレースに対して、馬の調子を持っていきます。
つまり惜しい馬は、鼻からG1ではなく、目標はその手前のG2やG3なのです。


実際に陣営がそう考えていたかは不明ですが、やたらと前哨戦の重賞を勝った馬がいます。


その名はバランスオブゲーム。


なるほど!とピンとくる方がいると嬉しいですね。


失礼な話ですが、この手の馬を見つけられると、複勝予想の精度はグッと上がると思います。


重賞に絞ってお話しましたがいかがでしたか?
単純に馬だけを見るのではなく、背景を加味して予想すると、意外に面白いですし、もちろん的中率を上げる要素にもなると思います。


それではおさらいです。
『複勝に適した馬』とは、以下の通りです。


1.G1が目標の人気馬が多い前哨戦において、前哨戦に意気込む実力馬(上り馬)

2.G1では力不足であるが、前哨戦では勝ち負けできる実力馬


一朝一夕ではいかないので、観る視点を変えてみてくださいね。


免責事項
私が示す予想によって発生した利益・不利益に関しては、一切の責任を負いかねます。
その点だけはご了承ください。あくまでも個人的な予想公開として捉えて頂ければ幸いでございます。


それでは本日は失礼いたします。

【スポンサーリンク】




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。